HAKUZA onlineshop

  • ホーム
  • 箔アクセサリー「箔珠...

 

 

箔の美しさが活きる最上のパーツ
「箔珠(はくだま)」

 

「箔珠(はくだま)」とは、小さなアクリルの球ひと粒ひと粒に、すべて手作業で箔を施したもの。
普遍的でどこにでもある球という形状が、箔の輝きで唯一無二の存在感を放ちます。

箔の魅力は、本物のゴールドが持つ高級感だけでなく、独特な温もりのあるマットな輝きや、単なる金属のイメージを超えた美しさにあります。
 球体の上に施された金箔は、光が当たることで陰影のある表情を生み出し、シンプルなその形が箔の持つ温かみや凛とした美しさを際立たせ、超自然的な神秘性までも感じさせます。

箔座の「箔アクセサリー」のコンセプトは、“箔を表現するアクセサリー”。
箔の特徴を最大限に活かした「箔珠」は、「箔アクセサリー」に適した最上のパーツです。

 

 

 


 

 

「箔珠」のネックレスに、今だけの新デザインが登場。

 

大小様々な箔珠のミックスが楽しい、ステーションデザインのロングネックレス。
箔珠にキラキラと輝くビジューをプラスした、可憐で女性らしい印象のネックレス。
大切な方への贈り物や、初めて「箔アクセサリー」をお求めの方にもおすすめのデザインです。

 

 

 

item_1@2x380

                                 

                                              

item_2@2x380
【数量限定】箔珠MIXステーションネックレス
14,300円(税込)

          

【数量限定】箔珠&ビジューネックレス(四&定)
6,050円(税込)

 

 

 

img_series@2x400                                                                                 
箔座の定番アクセサリー
​「箔珠シリーズ」
 
「箔珠」をシンプルなデザインのネックレスやピアス/イヤリングに仕立てた「箔珠シリーズ」。
アクリル樹脂製のため非常に軽く、肌辺りがなめらかで付け心地が良いのもポイントです。
装いや年齢を選ばず使いやすい、ベーシックなラインナップが揃います。
 

 

 

 

 

 

ひと粒ひと粒ていねいに箔を置く、箔座のものづくり

 

箔は、およそ1万分の1~2ミリの極薄の素材です。摩擦やわずかな風、静電気でもすぐに破れてしまうため、機械による加工は困難。仕上りの微妙な箔のツヤ、シワ感にまで気を配りながら、およそ10㎜の小さなパーツひと粒ひと粒、手作業で箔を施しています。
機械の入り込む余地のないその加工方法で一定の品質を保つには、長年培った熟練の技が必要となり、箔座の工房でも限られた職人だけが手掛けることができます。
ていねいな手わざによるその仕上がりは、金属という冷たい印象の素材を使いながら、どこか人のぬくもりを感じさせる、箔アクセサリーの大きな魅力となっています。

「箔珠」の小さなひと粒に、箔座のものづくりの姿勢が凝縮されています。

 

 

 


箔の美しさが活きる最上のパーツ
「箔珠(はくだま)」
 
「箔珠(はくだま)」とは、小さなアクリルの球ひと粒ひと粒に、すべて手作業で箔を施したもの。
普遍的でどこにでもある球という形状が、箔の輝きで唯一無二の存在感を放ちます。

箔の魅力は、本物のゴールドが持つ高級感だけでなく、独特な温もりのあるマットな輝きや、単なる金属のイメージを超えた美しさにあります。 球体の上に施された金箔は、光が当たることで陰影のある表情を生み出し、シンプルなその形が箔の持つ温かみや凛とした美しさを際立たせ、超自然的な神秘性までも感じさせます。

箔座の「箔アクセサリー」のコンセプトは、“箔を表現するアクセサリー”。
箔の特徴を最大限に活かした「箔珠」は、「箔アクセサリー」に適した最上のパーツです。
 
 

 


 


「箔珠」のネックレスに
今だけの新デザインが登場。
 
大小様々な箔珠のミックスが楽しい、ステーションデザインのロングネックレス。
箔珠にキラキラと輝くビジューをプラスした、可憐で女性らしい印象のネックレス。
​大切な方への贈り物や、初めて「箔アクセサリー」をお求めの方にもおすすめのデザインです。
 
 

箔座の定番アクセサリー「箔珠シリーズ」
 
「箔珠」をシンプルなデザインのネックレスやピアス/イヤリングに仕立てた「箔珠シリーズ」。アクリル樹脂製のため非常に軽く、肌辺りがなめらかで付け心地が良いのもポイントです。
装いや年齢を選ばず使いやすい、ベーシックなラインナップが揃います。

ひと粒ひと粒ていねいに箔を置く、
​箔座のものづくり
 
箔は、およそ1万分の1~2ミリの極薄の素材です。摩擦やわずかな風、静電気でもすぐに破れてしまうため、機械による加工は困難。仕上りの微妙な箔のツヤ、シワ感にまで気を配りながら、およそ10㎜の小さなパーツひと粒ひと粒、手作業で箔を施しています。
機械の入り込む余地のないその加工方法で一定の品質を保つには、長年培った熟練の技が必要となり、箔座の工房でも限られた職人だけが手掛けることができます。
ていねいな手わざによるその仕上がりは、金属という冷たい印象の素材を使いながら、どこか人のぬくもりを感じさせる、箔アクセサリーの大きな魅力となっています。

「箔珠」の小さなひと粒に、箔座のものづくりの姿勢が凝縮されています。